本文へスキップ

介護事務管理士 合格

介護事務管理士のニーズは高い!

介護業界は今、人材不足の状態…。しっかりとした介護事務の技能を持った人の活躍場所はたくさんあります。

介護事務管理士の将来性


総務省が公表した2005年国勢調査の結果によると、65歳以上の高齢者は全国の人口は20%を超え、欧米諸国と比べても、1980年代は下位でしたが、21世紀初頭には最も高い水準となり、世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢化社会となっています。

つまり、5人に1人が高齢者ということになっている今、介護そのものに高い需要があるので、それに伴って今後ますます介護事務管理士の需要が増えていきます。

高齢化社会により、介護サービスを利用される方の数や介護サービスを提供する事業所の数も増えています。

介護保険制度に基づいて介護サービスを提供する、ヘルパーステーションや福祉施設、医療機関。

そこではサービス提供の対価として、介護報酬を国保連合会を通して市町村に請求する仕事が必ず発生します。

これが「介護報酬請求事務」という仕事。

質の高いサービスを実現しサービス提供機関の経営を支えるためには、スムーズな事務処理ができる介護事務管理士が必要です。


ナビゲーション