本文へスキップ

介護事務管理士 合格

介護事務管理士のニーズは高い!

介護業界は今、人材不足の状態…。しっかりとした介護事務の技能を持った人の活躍場所はたくさんあります。

介護事務管理士の仕事


介護事務管理士のお仕事は、介護報酬請求業務を中心に、事務所内で介護サービス提供事業所への連絡や調整、必要書類の作成等を行うデスクワークです。


■介護報酬の計算
介護サービスを受けた場合、介護報酬に係る費用の一部を利用者さんが負担します(原則1割)。

残りは国保連合会に請求します。

介護報酬には、サービスひとつひとつに単位が定められており、サービス提供票からこの介護報酬を計算請求するのが「介護報酬請求」=介護事務なのです。


■介護施設で受付けや会計
サービス提供機関での新規利用者の受付、サービス内容と手続きの説明、利用者から自己負担金の受取りなどもおこないます。


■介護レセプトの作成
介護レセプトとは、利用者さんの1ヶ月の介護サービス内容をまとめた「介護給付費明細書」のことをいい、提供したサービスを内容ごとに決まった単位に置き換え、一定の書式に沿って明細書を作成します。


■ケアマネージャーのサポート
介護事務を行っていく上で、ケアマネジャーとの関わりは必須です。

利用者・市町村・業者との連絡にあたるケアマネジャーの業務内容とケアプラン(介護計画)作成の流れを理解しサポートします。


ナビゲーション