本文へスキップ

介護事務管理士 合格

介護事務管理士のニーズは高い!

介護業界は今、人材不足の状態…。しっかりとした介護事務の技能を持った人の活躍場所はたくさんあります。

介護事務って何?


「介護事務って何?どんな仕事をするの?」こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

介護事務とは、お年寄りにヘルパーさんが介護サービスを行った際にかかる費用の計算を行います。

介護サービスを利用するお年寄りのことを『利用者』というのですが、かかった介護サービス費用の1割を利用者さんが支払い、残りの9割を市町村に請求します。

この計算作業を行うのが『介護事務』というお仕事です。

似たような仕事に医療事務がありますが、医療事務は、病院やクリニックで行われた診療行為に対する診療報酬の請求事務です。

介護事務は、介護サービスの提供機関で行われた介護報酬の請求事務です。

介護事務制度が発足し、この制度を円滑に運営していくために必要なのが介護保険請求事務。

高齢化社会に必須のスキルと資格です。

医療機関及び介護施設の保険収入を管理するこの仕事は、経営に直結する重要なスキルのため、医療機関、介護関係の施設への就職に有利なうえ、すでに現場に勤めている方のステップアップにも最適です。

また、保険制度が理解できるので、実生活にも活用できます。


ナビゲーション